便秘薬・副作用・吐き気

便秘薬の副作用で吐き気?飲み方を間違えてる恐れが・・・

薬を飲む上で、副作用の可能性はどの薬でもありますが、

 

想定外の副作用がでる場合も。

 

便秘薬の副作用で吐き気の症状が出る方もいます。
吐き気は、胃がSOSを出している症状です。

 

そして腸で働く便秘薬が、胃で悪い作用を起こしているのは、
飲み方に問題がある可能性が高いです。

 

 

便秘薬を飲んで吐き気がする原因は?

 

便秘薬を飲んで吐き気の副作用がでる原因は、
もちろんこれだ!と断定できるものではないですが、

 

考えられる理由は2つあります。

 

便秘薬の性質を考えると、

 

薬が腸に届く前に、胃で溶けてしまっている、
ということが考えられます。

 

牛乳などの乳製品、
もしくは胃の薬と一緒に飲んでいませんか??

 

 

通常、胃の中は酸性です。
なので、便秘薬は酸性で溶けないように作られています。

 

 

乳製品や胃薬は、胃酸を中和・抑える作用があるので、
便秘薬と一緒に飲んでしまうと、
胃の中の酸性が中性に傾き、

 

胃の中で便秘薬が溶けて、胃を刺激してしまうんです。

 

その結果、胃痛や吐き気などの症状が出ることになります。

 

 

・牛乳などの乳製品と一緒に飲まない
・どうしても胃薬を飲む必要がある場合は、一時間以上間をあけて飲む

 

といった対処が必要になります。

 

 

胃痛や吐き気も嫌ですが、
せっかく飲んだ薬が腸まで届かずというのも
防ぎたいですよね。

 

 

吐き気の原因として考えられる、二つ目の原因は、

 

便秘薬の量が多い、
もしくは必要以上に刺激の強い便秘薬を使っている場合。

 

 

便秘薬がちゃんと腸で作用していても、
必要以上に刺激が強ければ、

 

それが胃まで影響を与えてしまいます。

 

特に、けいれん性便秘の方の場合、
その中でも過敏性腸症候群の方。

 

腸が動きすぎることによる便秘ですから、
腸を刺激して排便を促すタイプの便秘薬では、
腹痛や胃痛で痛い思いをします。

 

 

便秘と下痢を繰り返す方は、
病院で、腸の緊張を和らげる薬を処方してもらうのが
ベストだと思います。

 

 

なので、
・便秘薬は刺激の弱いものから試す
・自分の便秘のタイプにあった薬を使う

 

 

ということが重要です。

 

 

最初は、
腸を刺激するのではなく、便に水分を含ませることにより排便を促す、
マグネシウム系の便秘薬をおすすめします。

 

一番副作用が少ない便秘薬はマグネシウム?

 

それでも効果が無い場合は、
腸を刺激するタイプの便秘薬が有効ですが、

 

私は刺激性の便秘薬はおすすめしません。

 

便秘薬よりお腹にやさしい、おすすめのお茶

 

 

よかったらご参考に(^^)