便秘薬・腹痛・下痢

便秘薬で腹痛・下痢が怖いなら

もう何日も便秘で出ていない。

 

これ以上我慢できない。

 

便秘薬に頼りたいけど
腹痛・下痢になりたくない、、、

 

 

腹痛も下痢も避けたいですよね。

 

なぜ便秘薬で腹痛・下痢がおこるのか?

 

よく、ネットで便秘薬の口コミを見ても、

 

「腹痛が辛かった」
「下痢が止まらない」

 

など、便秘薬でえらい目にあったという声がちらほら見つかります。

 

このような腹痛や下痢を訴える人たちが
共通して飲んでいる便秘薬が、

 

薬で腸を刺激して排便を促すタイプの便秘薬。

 

 

便秘薬には大きく分けて二種類のタイプがあります。

 

一つ目が今上に挙げた、

腸を刺激して排便を促すタイプ。

 

薬で刺激することにより、
無理やり腸を動かすイメージです。

 

代表的なのが、コーラックです。

 

無理やり動かすわけですから、
腹痛がおこりやすいですよね。

 

そして、まだ大腸が水分を十分に吸収する前に排便されれば
便から水分が抜けていないので、
その場合は下痢になります。

 

 

ちなみにこの時、下痢の水分と一緒に
ビタミン・ミネラルなどの栄養も一緒に排出されてしまいます。

 

なので、刺激性の便秘薬はおすすめできません。

 

 

もう一方の種類の便秘薬は、

 

便をやわらかくして排便しやすくするための便秘薬

 

これは、便に水分を含ませやわらかくし、
自然な排便に近い作用のある便秘薬です。

 

代表的なのがマグネシウム系便秘薬

 

薬で大腸を刺激することが無いので、
腹痛は起こりにくいです。

 

初めて使う方は、
こちらの便秘薬を使うことをおすすめします。

 

 

ちなみに漢方便秘薬は、
言葉からやさしいイメージが浮かびますが、
大黄・アロエ・センナ、
これらの腸を刺激する成分の入っているものも多く、

 

漢方というだけで安心はできません。

 

 

 

これから便秘薬を買いに行かれる方は、
やはり薬剤師のかたに相談するのが一番安心かと思います。

 

 

便秘は、その原因や症状によっても合うもの・合わないものがあります。

 

 

最初はマグネシウム系便秘薬をお勧めしますが、
これも飲むと重篤な副作用を起こす危険のあるかたもいます。
こちらの記事に書いています

 

 

 

私が一番おすすめするもの

 

便秘薬について書いてきましたが、
私は便秘薬自体、お勧めしません。

 

私自身ひどい便秘に苦しんだ時期も
便秘薬に手を出したことがありません。

 

そんな時、たまたま見かけたこのお茶で、
便秘を解消しました。

 

>>美爽煌茶はこちら

 

便に水分を含ませやわらかくする事で排出を促すもので、

 

常習性もないため安心です。

 

 

今ではこのお茶なしでも出るようになりました(^^)
体質改善されたような感じがします。

 

 

何か飲まないと出ない、
というのでは根本的に便秘が解消したとはいえないですからね。

 

 

そうはいえ、すぐに便秘体質から変われるわけでもないので、
頼るならこのお茶をおすすめします。

 

 

ご参考に(^^)