便秘薬・酸化マグネシウム

酸化マグネシウムは副作用少ない便秘薬だけど、死亡例あり!

頑固な便秘、

 

安易に便秘薬に頼りたくないですが、

 

辛すぎて使わざるを得ない状況の方もいると思います。

 

便秘薬の中にも刺激性の強いもの、そうでないものがあります。

 

 

できる限り、体に優しい副作用の少ないものを選びたいですよね。

 

酸化マグネシウムの便秘薬は、
一番副作用が少ない便秘薬として多く使われています。

 

 

ただ、命に関わる副作用が出てしまうケースもあるので、
最後まで読んでいただけたらと思います。

 

 

マグネシウムはなぜ副作用が少ないのか?

 

副作用が少ないと言われる酸化マグネシウム。

 

市販のものでは、

 

ミルマグ
3Aマグネシア
スラーリア

 

などがありますね。

 

 

 

これらの酸化マグネシウム系の便秘薬は、

 

排便を促す作用の仕方が自然の便通に近いと言う理由から、

 

副作用が少ないといわれています。

 

 

コーラックなど、大腸を直接刺激して排便を促す便秘薬は、

 

大腸への刺激が強く、

 

・使い続けると腸の働きが弱くなり、薬を飲まないと出ない体へ。
さらに便秘薬を飲んでも出なくなり、便秘がどんどん悪化していく。

 

・大腸を刺激し、腸が黒く変色(大腸メラノーシス)。
大腸メラノーシスは、腸の動きも鈍くなり、
大腸がんとの関係も指摘されている

 

 

などのような副作用が出てきてしまいます。

 

 

 

それに対し、酸化マグネシウムは、
直接大腸を刺激するのではなく、

 

便秘で固くなった便に水分を含ませ、

 

便の容積を増やすことにより大腸が刺激され、
排便を促します。

 

 

水分不足は便秘の原因のひとつです。

 

しかし、
水を飲むだけでは固くなった便には吸収されません。

 

 

酸化マグネシウムは水分を含みながら腸まで届き、
マグネシウムと一緒になった水分は腸壁に吸収されることなく、
固くなった便に含まれるため便をやわらかくしてくれます。

 

 

こうして自然な排便を促すんですね。

 

 

刺激性の便秘薬と違い、

 

すぐ効果がなくなるといったことも起こりにくいですし、

 

腸が黒く変色なんてことにもなりません。

 

 

 

こういった点が、酸化マグネシウム副作用が少ないと
言われている理由です。

 

 

そんな酸化マグネシウムですが、

 

場合によっては命の危険を及ぼす副作用がでる人がいます。

 

 

副作用で死亡?なぜ?

 

マグネシウムはミネラルの一種で、
通常体に害を及ぼすことはありません。

 

しかし、

 

心臓の悪い方
腎臓に病気のある方
高齢者
酸化マグネシウムを長期間服用している方

 

は酸化マグネシウムの使用に注意が必要です。

 

心臓への悪影響や、

 

腎臓が悪い方は、マグネシウムの排斥が上手く行かず、
体に蓄積されます。

 

その結果、高マグネシウム血症が発症してしまいます。

 

吐き気・めまい・血圧低下・体がだるい・皮膚が赤くなる
などの初期症状から始まり、

 

重症化すると、呼吸困難・こん睡状態・心停止と、
亡くなってしまう例もあります。

 

 

まれな副作用ですが、
少しでも上記のような異変を感じたら、
服用をやめ、病院で診てもらうよう注意が必要です。

 

 

もう1点注意が必要です!

 

もう1つの注意点。

 

マグネシウムと、多量のカルシウムを一緒に摂取すると、

 

血液中のカルシウムが以上に高くなり、
高カルシウム血症が発症、

 

嘔吐や意識障害が起こる危険性があります。

 

多量のカルシウムってどのくらい?という疑問ですが、

 

基準として、牛乳1リットルと言われています。

 

が、やはり個人差も考えられますよね。

 

健康体の方であればそのくらいまで大丈夫でも、
高齢者や病気の方であれば、
もっと少ない量でも発症してしまうかもしれません。

 

何かしら体に不安のある方は、
医師に相談しながら飲むことが必要かもしれません。

 

 

以上、酸化マグネシウムの重篤な副作用でした。

 

 

体にやさしくて副作用のないものはないの?

 

できれば副作用の心配のないものがいいですよね。

 

私が個人的におすすめするのはこのお茶です。

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の口コミと感想

 

固くなった便に水分を含ませ、自然な排便を促します。

 

重篤な副作用の危険も無く、
酸化マグネシウムよりこちらのお茶のほうがおすすめです。

 

ただ、ひとそれぞれちょうどいい濃さがあるので、
あまり濃くして飲むと、効きすぎて腹痛を起こす方も中にはいるようです。
気をつけるのはそのくらいです。

 

 

ご参考に(^^)